ツヴァイに入会して婚活をしてみた

いよいよツヴァイに入会し、本格的に婚活がスタートしました。

システムとしては、毎月だいたい決まった人数の会員を紹介されて、そのプロフィールなどから判断して自分が実際に合いたいと思った相手にはアプローチをし、両者の合意があればお見合い(デート)になるという感じです。

この説明をご覧になってもわかるように、とにかく自分からアプローチをすればするだけ出会いのチャンスは増えるということです。

普段、自宅と会社の往復しかしていない生活では決して出会えない相手と巡り合えるチャンスですから、ここは積極的に活動すべきだと思います。

私も、ちょっとでも気になった人にはお見合いの希望を伝えていましたから、ここは恥ずかしがらずガツガツ行くべきだと思います。

会費を払っているわけですから、元を取ろうと言う気持ちも応援して、私の場合は結構婚活熱が盛り上がりました。

結婚相談所に入会した、という事実だけでもモチベーションアップのきっかけになりますし、全く何も婚活をしていない人と比べたら断然リードしている状態なワケです。

あとは、相手方も自分のプロフィールを見てこちらへのアプローチをするかどうか決めるわけですから、プロフィールの書き方と顔写真は相当大事だなと感じました。

写真写りを盛りすぎて、実際合った時に「あれ?」なんて思われるのが怖いと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、それにしても貴重な1回のお見合いチャンスをゲットするためには必要なテクニックなのではないかなあと私は思います。

場数を踏むことで今後の自分の糧にもなりますし、少し前のめりになりながらの婚活でちょうどいいくらいだと思いますよ。

とは言っても、私が男性慣れしていないのもありますが、お見合いを複数同時進行するのは結構ハードで負担が大きかったです。

土日しか休みではない仕事でしたし、休日が全部婚活で埋まるのはしんどかったのと、一人ひとりの相手とちゃんと向き合わないとさすがに結婚相手に適しているかどうかの判断がブレてしまうと感じたからです。

恋愛上手な器用な方ならこなせるかも知れませんが、恋愛下手の私みたいな人は、お見合いに関しては同時進行にならないようにしたほうが無難かも知れません。

自分がかけもちお見合いをされる側になった時も精神的にきますから、人にされて嫌なことは自分もしないほうが良いのかもしれませんね。

これくらい戦略を練ってせめていかないと、ツヴァイのコンサルタントさんが勝手にお見合いを申し込んでくれるわけではありませんので、入会後に黙ってじっとしていても絶対に結婚はできません。

それを念頭に置いてツヴァイでは自発的に婚活を進めていってほしいものです。